承認

  1. がんばっているね

    新型コロナウィルスが現れて、すでに半年以上が過ぎ、未だに収まる気配は感じられません。この間、大人も子どもも多くのことができなくなり、制約され、変更を余儀なくされて、自分の意思とは無関係に色々なものを失いました。

  2. ありがとう

    今年度もご支援、ご協力ありがとうございました。子どもたちの成長を見ていると、本当に1年は早いものだと感じます。毎日見ていると気づきにくいことでも、1年前はどうだったかを思い出してみると、様々な面で大きく成長していることがはっきりとわかります。

  3. 転ばぬ先の杖

    『転ばぬ先の杖』ということわざがあります。意味は、失敗しないように、前もって準備しておくということです。私たち親は、子どもにいろんなことをやってほしい、挑戦してほしいと思う一方で、失敗したらどうしよう、失敗しないように、とも思います。

  4. 箱根駅伝から

    明けましておめでとうございます。いよいよ2020年、東京オリンピックの年です。昨年もスポーツに勇気、元気をもらい、教えてもらいました。オリンピックではどんな熱い刺激が待っているのか、ワクワクしています。

  5. 「成功」の反対?

    『愛』の反対の言葉は何でしょう?『憎しみ』ではありません。この問いはマザーテレサが言ったとか?! 答えは『無関心』です。 確かに『無関心』の中に『愛』はありません。 でも『憎しみ』は『愛』があるからこその感情です。

  6. 背中を押す

    「やりたいと思っているけどなかなか…」「頭ではわかっているんだけど身体が…」「どうしようかなー、でも踏ん切りがつかない…」皆さんは、こんなことはありませんか?子どもたちにもこんな場面はたくさんあります。

  7. 承認

    今回は『承認』についてもう一度取り上げたいと思います。『傾聴』が安全な場、安心感を生み出し、『質問』が子どもの視点を変え、気づきを生み出しますが、これらを促進させる〝心の栄養分〟が『承認』です。

  8. みんな負けず嫌い

    「○○は負けず嫌いだ!」とやや否定的に見ることがありますが、負けるのが楽しいという人はいません。子どもも同じです。ましてや「負けるためにやる」なんて人は八百長に加担する人以外にいませんね。では、〝負けず嫌い〟ってどんな人をイメージするでしょうか。

  9. なにくそ魂

    むかしと違って『根性論』『精神論』みたいなものが否定されがちな昨今ですが、〝人間は感情の生き物〟とも言われるように、心理的な要素抜きに私たちの行動を考えることはできません。どんなスーパースターでも、一度も負けたことや失敗したことの無い人はいません。

  10. 見て、留める

    教育コーチングのスキルの一つに『承認』というものがあります。子育てや人間関係の本などでも『承認』という言葉はよく使われていますが、教育コーチングでは『承認』を、 判断や解釈を脇に置き、ありのままを無条件に認める。  その存在そのものを認める。  過去だけでなく未来も認める。

ページ上部へ戻る