無意識

  1. 口ぐせに興味をもつ

    先日、ある生徒と話をしているときに、こちらからの質問に対して、「一応」という答えが頻繁に返ってきて、「一応って、色々に使える言葉だね」と言って一緒に笑いました。

  2. 再現ビデオを見てみる

    「あーぁ、またやっちゃった」「わたしってホントにバカだな」「気がついたら、ついつい…」「あー、もう死にたい!」日常生活の失敗や後悔って、こんな感じではないでしょうか。

  3. 自立 ①

    教育コーチングの『自立』という言葉には、『人の役に立つ』 『より以上を目指す』 『にじみ出る謙虚さ』という3つの要素があります。自立という言葉には様々な解釈もあると思います。経済的なもの、精神的なものなど『自立』を考える側面もいろいろあります。

  4. どんな気持ち?

    「こうしたほうがいいだろう」 「こうすべきだ」 「こうしなければいけない」頭ではわかっているのに、行動できないことは大人でも当たり前にあることです。子どもたちも、 「勉強したほうがいい」 「勉強すべきだ」 「もっと勉強しなければいけない」みんなちゃんとわかっています。

  5. 背中を押す

    「やりたいと思っているけどなかなか…」「頭ではわかっているんだけど身体が…」「どうしようかなー、でも踏ん切りがつかない…」皆さんは、こんなことはありませんか?子どもたちにもこんな場面はたくさんあります。

  6. 分からないことに興味を持つ

    無意識にとっているコミュニケーションは、自分のためにとっています。

  7. 怒らない~その2

    前回の〝怒り〟についていかがでしたでしょうか?身の回りには様々な出来事が起き、イライラすること、怒りたくなることはいっぱいありますね。でも、〝怒りたい〟とふだんから思っている人はいません。みんな、できれば怒りたくないと思っているはずです。

  8. 聴き続ける

    今回は「教育コーチング」の基本のお話をします。教育コーチングで行うのは「傾聴」「質問」「承認」ですが、今回はその中の「傾聴」です。よく耳にする声に「傾聴している時間がない」というのがあります。確かに、忙しい毎日の中でゆっくりと傾聴する時間なんて…という気持ちは私もよくわかります。

  9. ついつい

    最近話題のアドラー心理学では『人間の悩みはすべて対人関係の悩みである』といっています。「どうしてオレは気が弱いんだろう」という悩みがあったとしましょう。自分と気の強さを比べる対象(人)がいるからそう思うのであり、そのことを評価する人がいるからそう思うのです。

  10. 一所懸命?

    日常生活の中で「一所懸命やる」  「必死にやる」  「力を出し尽くす」  「力の限り」  「精も根も尽き果てるまで」…などという言葉を使ったり耳にしたりします。しかし、実際にそう言っている人で命を落とした人を見たことがありませんね。

ページ上部へ戻る